大人ニキビ

コーヒーやタバコが歯の黄ばみの原因!汚れを一掃する驚きの方法

コーヒーやタバコ,歯の黄ばみの原因,汚れを一掃する方法

 

コーヒーやタバコ,歯の黄ばみの原因,汚れを一掃する方法40代女性の口コミ投稿

 

 

中学生の頃からコーヒーが好きで

 

ほぼ毎日2杯以上飲み続けていました。

 

また、大人になってからは喫煙も開始し、

 

まさに、歯が汚くない方が不思議に思うような

 

生活を送っていました。

 

もちろん、歯は年々黄色くくすみはじめ、

 

毎日丁寧に歯磨きをしていてもいっこうに

 

改善されませんでした。

 

 

 

思春期はそれがかなり気になり、

 

人と面と向かって喋っていても

 

思い切って笑うこともできませんでした。

 

かといって、女性の私にとって、

 

いくら仲の良い女友達にもそのようなデリケートな

 

身体の悩みは相談できなかったのです。

 

普段は忘れていても、

 

ふとした時にものすごく気になりだし、

 

1人もんもんと過ごす日々でした。

 

 

歯を白くする方法を探してみたけど・・・

 

なんとかこの悩みを解決できないかと、

 

色々な商品を試してみました。

 

歯が白くなる消しゴムと称した、

 

ゴムのような素材で歯を磨く商品や、

 

塗ってしばらく放置して洗い流すだけというような商品。

 

すべて私にとっては気休めでしかありませんでした。

 

 

 

 

歯のホワイトニングに行ってみようかとも思ったのですが、

 

一度そのように綺麗にしてもまた汚くなるというような記事を

 

インターネットで読んでからは、

 

私には継続して歯医者に通うような

 

費用も時間もないと絶望的でした。

 

それでも色々な病院を探してみようかと思ったりもしたのですが、

 

やはりここは自宅で簡単に治してしまいたい

 

という気持ちが消えず、

 

何か方法はないものかとインターネットで

 

ひたすらに情報を集めていました。

 

とはいっても、情報にも限界があり、

 

半ば諦めかけこれまでかと思っていた時でした。

 

まさかこんな方法で歯が白くなるなんて!

 

ついに運命の商品と巡り合うことになったのです!

 

その商品というのが、

 

使い続けるとが白くなると一時期すごい話題だった

 

使ってみんしゃいよか石けん」なんです。

 

つかってみんしゃいよか石鹸

 

驚きましたか?

 

実はこの商品、歯の黄ばみにも使えるんです。

 

実は使い方のところにもちゃんと書いてあるんですよ。

 

母親が自分のために買ったのですが、

 

使い方のところに歯にも使えると

 

書いてあるのを見てすぐに私にも教えてくれました!

 

 

 

結果は効果抜群!!びっくりしました本当に。

 

一回使っただけなんです。

 

なのに、洗い流した瞬間明らかに!

 

歯が白くなっていたんです。嬉しかったですね。

 

たった一回使うだけなのにここまで

 

効果があるとは夢にも思っていませんでした。

 

その後も週に一度か二度は継続して使っていますが、

 

前歯を洗うだけなのでコストパフォーマンスもよいですし、

 

何より自宅で手軽に!というのがなんとも気に入りました。

 

それからの毎日は思いっきり歯を見せて笑うようにしてます!

 

今までは隠していたものを今は大胆にも見せるようにしてるんです!

 

すごい変化だと思いませんか。

 

私のような悩みをもつ方も是非諦めないで

 

自分に合った方法を探してみてください。

 

 

実際の効果をビフォーアフターの写真で公開!


当サイト管理人イチオシのホワイトニングジェルを自ら使用して
体験談をレビュー!


本気で歯を白くしたいならこれ!!


ちゅらトゥースホワイトニングの効果が凄すぎてコワい!【画像あり】


【before】
コーヒーやタバコ,歯の黄ばみの原因,汚れを一掃する方法
【affter】 
コーヒーやタバコ,歯の黄ばみの原因,汚れを一掃する方法


 

関連記事

 

ちゅらトゥースホワイトニングの効果を最大限発揮する必須アイテムとは!?

 

歯のホワイトニングの種類と料金

 

パールホワイトプロEXがかなりお得で効果絶大!

 

オフィスホワイトニングの欠点!それを補うセルフホワイトニングとは?

 

シールを歯に貼るだけの簡単セルフホワイトニング

 

私が体験したオフィスホワイトニングの効果と料金

 

良い歯科医を見つける方法

 

根管治療にはマイクロスコープとラバーダムを使用する歯科医を選ぶ