大人ニキビ

歯周病が肺炎・糖尿病・妊婦の低体重児出産などを誘発させる!?

口腔内の二大疾患と言えば、虫歯と歯周病です。

 

虫歯でもないのに歯がグラグラしてきたり、

 

痛みや腫れが起こり歯科医院で

 

「歯周病が進んでいますよ」と診断され、

 

ドキッとした経験を持つ人も多いのではないでしょうか。

 

歯周病は歯垢(プラーク)に含まれている「歯周病菌(細菌)」に

 

感染し歯を支える歯茎と顎の骨(歯槽骨)が破壊される病気の総称です。

 

歯周とは歯茎(歯肉)、歯槽骨、

 

歯のセメント質、歯根膜(セメント質と骨を結ぶ膜)のことです。

 

初めは歯肉(歯茎)が腫れたり、時々出血したり(歯肉炎)、

 

痛みがないため自覚症状が起きずに進行してしまい、

 

放っておくと歯を取り巻く組織が破壊されて(歯周炎)歯がグラグラし、

 

物を噛んだ時に痛みを感じるようになり、

 

ひどい場合には歯が抜け落ちてしまいます。

 

日本人成人の約80%が歯周病

 

健康な状態の歯肉はピンク色で引き締まっていますが、

 

歯周病が進んでくると歯肉は赤紫色となり、

 

弾力が失われてきます。

 

歯肉が痩せてくると歯が長く見えたり、

 

歯と歯の間の隙間が大きくなります。

 

細菌の繁殖に伴い、口の中がネバネバし、

 

口臭もひどくなってくるようになります。

 

歯肉が緩んでしまうため、歯がグラグラし、

 

噛み合わせも悪くなっていくのです。

 

痛みがないために、気づかずにいますが、

 

日本人成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

 

実は歯垢(プラーク)のみが原因ではなく、

 

多くの複合的要因によって発生し、

 

歯垢が一切関係ない(非プラーク性の)歯周疾患も存在するのです。

 

歯周病は日本人中高年の国民病で、

 

成人の歯の喪失原因の90%以上を占めているのです。

 

現在80歳以上の人で20本以上の歯を持つ人は10%以下と言われ、

 

歯を失うのは加齢(老化現象)だけが原因ではなく、

 

歯磨きをはじめとする本人の口腔内衛生管理に問題があることと、

 

今までの歯の治療法では虫歯や歯周病になると

 

最終的には抜歯してしまうことが多かったことが大きな原因となっています。

 

歯周病が歯を失う最大原因であり、

 

歯の病気は口の中の環境の悪さが起因します。

 

こんなにいるの!?口の中の細菌の数

 

実は口の中には300種類以上の細菌がいて、

 

手入れの良い人でも500億、普通の人で2000億、

 

手入れの悪い人は1兆個以上の菌が口の中で生きていると言われています。

 

口の中には細菌の餌となる食物はいつも定期的に入ってきます。

 

歯磨きが不十分だと食べかすが歯につき、

 

それをエサとする細菌がとりつき歯垢(プラーク)中の細菌は増殖して、

 

虫歯や歯周病の原因となります。

 

虫歯菌と歯周病菌の違い

 

虫歯菌は好気性なので、

 

空気のある歯の表面についている

 

歯垢(プラーク)の中で繁殖します。

 

歯周病菌は嫌気性なので、

 

空気に触れない歯周ポケットの中で繁殖するのが特徴です。

 

毒性の強い物質を出す悪玉細菌が

 

多いので全身に影響することもあります。

 

歯磨きが不十分な口中で、

 

細菌は12時間ほどで層を作り、

 

歯を覆い始めて歯垢(プラーク)ができるのです。

 

その後2〜3日でプラークはより粘着性の強い、厚い層となり、

 

歯の表面はブラシで落ちますが、

 

歯と歯の間や歯と歯茎の境目は

 

ブラシも当たりにくく磨き残しができてしまうのです。

 

そうして残った細菌群は唾液中のカルシウムと反応し

 

歯石という更に落ちにくい固まりとなります。

 

タバコを吸うとニコチンやタール等の化学物質が

 

プラークや歯石と結着してさらに汚れを落ちにくくし、

 

空気と触れない嫌気性のばい菌の繁殖を

 

助けて歯周病を悪化させるので、

 

口腔内衛生に喫煙は致命的なダメージを与えることとなります。

 

歯周病と別の病気との関連性

 

口の中の悪い衛生状態が全身に及ぼす病気としては

 

肺炎・心臓病・脳出血・認知症・糖尿病・

 

早産・低体重児出産・インフルエンザ等があります。

 

糖尿病は免疫力を低下させて歯周病を悪化させたり、

 

逆に歯周病が糖尿病を悪くしたりもするのです。

 

また、妊婦の場合は歯周病菌の出す物質が血液中に入ると、

 

子宮が収縮して早産や低体重児の出産が起こる原因となります。

 

歯周病の人は、口中のばい菌が血液中に入りやすいため

 

正常な人よりも1.5倍〜2.5倍も心臓病になるリスクが高いのです。

 

それは歯周病菌が血液中に入り込み、

 

血管を通じて心臓に入って菌が増殖し、

 

血流が阻害され、血栓ができやすくなるからです。

 

バージャー病という手足の血管が閉塞する病気があります。

 

これは手足に血液が供給できなくなり、

 

手足が低酸素状態になって青黒く変色し(チアノーゼ)、

 

しびれや痛みが起こる。

 

患者は喫煙者で歯周病の人が多く、

 

血液中に血栓を作りやすくて

 

足の末梢血管を閉塞させる治療困難な病気です。

 

ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因といわれていますが、

 

歯周病になるとその歯周病菌と胃の中の

 

ピロリ菌とがアレルギー反応を起こし、

 

胃潰瘍と歯周病の両方を悪化させることも分かってきました。

 

重症の歯周病の人は血栓を作りやすく、

 

脳梗塞などを起こしやすいのです。

 

歯周病の危険度チェックのうち当てはまるものが3つ以上あれば、

 

歯科医院で歯周病の検査をおすすめします。

 

レベル 主な症状

初期(歯肉炎)

・歯を磨くと時々血が出る・歯肉に赤いところがある

中程度(歯肉炎)

・歯を磨くと血が出る・歯が浮く漢字がする
・歯肉がかゆくなる

重症(歯周菌)

・歯肉が時々赤くはれて痛む
・歯肉から血や膿が出ることがある
・口臭が出る・歯が移動する
・冷たいものの飲食で歯がしみる
・噛みにくい食べ物がある

末期(歯周炎)

・歯がグラグラする・歯肉がブヨブヨして血や膿が出る
・口臭がひどい・食べ物が噛みづらい

 

 

 

 

関連記事

 

歯のホワイトニングの種類と料金

 

パールホワイトプロEXがかなりお得で効果絶大!

 

オフィスホワイトニングの欠点!それを補うセルフホワイトニングとは?

 

コーヒーやタバコが歯の黄ばみの原因!汚れを一掃する驚きの方法

 

私が体験したオフィスホワイトニングの効果と料金

 

根管治療にはマイクロスコープとラバーダムを使用する歯科医を選ぶ

 

良い歯科医を見つける方法

 

歯周病の症状と予防法